管理人について

管理人たけむら
はじめまして!管理人の竹村(旧姓は高田)です。2021年現在、フリーランス6年目。札幌市在住でパソコンとパステルのインストラクターをしたり、高校生と一緒にまちづくりの探究活動をしたりしています。今年は子どもたちの小学校でPTA会長もしています。

 

私の母は十勝清水出身なので、私は母が里帰り出産した先の病院、帯広市で生まれ、釧路で育ちました。

富原小・中学校

本拠地は“釧路町”。富原小・小中学校、江南高校卒です。

実家は中学生まで石炭ストーブの家でした。銭湯は習慣で冬でも家族みんなで歩いて「まりも湯」によく行き、車で行く「さくら湯」の日は、なんだか特別な気分でした。(まだ、あるのかな?)

当時は何もない町で、退屈と思っていたけど、札幌で生活してみて、自分がたいしたものを望んでいないことに気が付いた今となっては、この町でゆっくりしたいと思うのに、実家が無いのが残念。

写真は2020年、コロナ禍1年目。宿泊施設も自粛モードの中、キャンピングカーで道央~道東を巡った時の母校。

砂利道を歩きたい。

 

このサイトを立ち上げたキッカケ

このサイトは“釧路に納税を考えるプロジェクト”の第一歩として立ち上がりました。

“釧路に納税を考えるプロジェクト”は、2020年5月。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言中、同級生の「富小卒でZoom飲み会やれば?」と言う軽い発言から始まったZoom飲み会で、また別な同級生が「釧路に納税を考えようぜ」って無邪気に言った一言から始まりました。

釧路にいる同級生や、札幌の女性起業家事業、まちづくり活動でご縁を頂いた道東の方などにご相談すると、今の釧路について伺うことができ、行政、教育機関、自治体、民間…いろいろな方が様々な活動をしていることを教えていただきました。皆さん、ありがとうございます。

 

管理人たけむら
釧路の内側に向けたWeb媒体はすでにいくつもあるようなので、このWebサイトは“外の人”が絡みやすいコンセプトにしようと、まずは「小中学校」や「高校」、「生まれた年代」をキーワードに、釧路の思い出を集めています。(2021.5始動)

久しぶりに釧路に行ったら、スターバックスが出来ていて、釧路の吉野家が出来た時と同じ驚きが再び!そんな釧路の変化を、遠くからでも見続けたい!ぜひ、みなさんが気が付いた釧路の今と昔の情報、教えてください☆

今後、どんな風にサイトを育てていくか、納税に繋げていくか、やりながら考えていきたいと思います。(みんなで考えるよ!)

達古武からの湿原

 

“まちのいえ”と言う名前の由来

“まちのいえ”は私が運営している札幌市南区のポータルサイトと同じ名前です。

 

管理人たけむら
釧路で育った私の放課後は、毎日が遊びでした。

家に帰ったらランドセルを放り投げ、人の家のトタン屋根の物置に上り、ドタバタと鬼ごっこをする。建築中のアパートの基礎に木の板を渡し、シーソーを作る。そしてオデコをパッカリ負傷をする。つららも食べたし(笑)、勝手に遊びに行く近所のおばさんの家もあり、親と繋がりのない大人がたくさんいました。

 

遊びの中に学びがあり、保護者以外の大人との関わりには、心を鍛え豊かにするものがあると思っています。
管理人たけむら

 

私には、娘と息子がいます。

娘が小学校に上がるときに【娘が毎日の放課後を児童館で過ごすのは避けたい。子どもの放課後の過ごし方に選択肢を与えたい】と思って、フルタイムの仕事を辞め、フリーで働くことにしました。

5歳下の息子が1年生になるまでにフリーの仕事を定着されることを目標にし、息子が小学校に上がった今では、娘も息子も放課後の過ごし方を自分で選択して(公園に行ったり、ゲームをしたり)自分の好きなように過ごしています(今はコロナで自由も半減ですが…)。

さて、我が子が無事に【放課後の自由】を手に入れたら、今度は友達です。

2018年、【子どもたちの放課後の充実】が私のビジョンになりました。

札幌市の子育て事情は「働く保護者の都合で子どもの放課後のスケジュールは習い事でいっぱい」と言う家庭が珍しくありません。【その習い事、子どもは本当にしたいのか?】が私の疑問です。でも、仕方がないんです。児童館はシステム的だし、かと言って家に一人で留守番させるには不安…子どもには子どもらしい選択肢が少ないんです。

地域に、遊んでいる子どもを見守る“まちのいえ”があったらいいな。

“まちのいえ”は大人の職場で、子どもの遊び場じゃないけど、カギを忘れた子どもに寄り添ったり、ケガをした子どもにサビオをあげたりする、そんな場所です。(⇒まだ、ありません。これからつくります。)時代や環境のせいするだけじゃなく、何か取り組めることがあると思っています。

児童館と自宅の間。

その為に、「どこでもできる仕事」をつくりたくて、一足先に“まちのいえ”には札幌市南区版があります。ポータルサイト“まちのいえ”の管理・運営を通して、パソコンから遠い特に母親世代にサイトの運営の方法をレクチャーすることによって、ITを知るキッカケにしたいと思っています。

それと同じ仕組みで運営できるといいなと思って、釧路版にも“まちのいえ”と名付けました。

まさか、自分の釧路での幼少期のように、自分の子どもを札幌で育てたいと思って取り組んでいたことがこんな形で繋がるなんて。がぜん、力が入ります。

 

情報は届けるもの

ちょっとしたことがキッカケで、いろいろな想いと、仕掛けで始まるこのサイトですが、情報発信のキモは【情報を届けること】だと考えています。

「情報の循環」が大切。

新型コロナウイルスによる休校措置の期間、子どもたちの学びを止めないためにSNSでは様々な画期的な取り組みがされましたが、この環境が無い子どもはどうしているんだろう。と言うのがとても気になっていました。

2020年、【情報をSNSの外に】が私のミッションになりました。

どこかの誰か。ではなく、見てほしい人に届く発信を目指して運営していきます!

知床・らうす道の駅からの日の出

 

管理人のプロフィール

  • パソコンとパステルのインストラクター竹村真奈美(1979生まれ)
  • 「変化」が絶対条件の8月8日生まれ
  • 動物占い:無頓着で楽観的な黒ヒョウ
  • マヤ暦:絶対拡張kin247
  • ストレングスファインダー(2021年)1位から:最上志向、戦略性、未来志向、個別化、着想
  • URL:https://takemu.net/

 

知床峠からの朝日

 

思い出募集について詳しく見る


問い合わせやコメントはLINE公式まで

LINE公式

今の釧路のこと教えてね!

友だち追加

 

メール

machinoie.info@gmail.com

管理人

\帯広生まれの釧路育ち(富原小中・江南卒)/

パソコンとパステルのインストラクター竹村真奈美

管理人について

© 2021 まちのいえ@946